基本理念

【化粧品づくりの基本理念】

コンセプトは「天然由来成分100%でアルコール、ケミカルフリー」
下記の考えを基本理念としています。

◉ 「口に入れるものとお肌から取り入れるものは、原則として同様の原料でなければならない」という基本的な考え方から、可能な限り食品にも使用される原料で、経皮吸収されたものが体に影響の出ないスキンケア化粧品を作ることを第一義的な目的とします。

◉ 「合成界面活性剤を使用しない」事と「アルコール不使用」を基本処方とし、「お肌の角質を柔らかく導き、自分本來のお肌を、自分の力で取り戻す」ことを全てのスキンケア商品の共通のテーマとしております。

◉ 全商品で可能な限り「水」を使用せず「ハーブウォーター(蒸留水)」を使用しています。

◉ 固形石鹸はコールドプロセス製法、液体石鹸はカリ石けん素地づくりから全て自社製造にこだわります。

【使用原料に関する基本的な考え方】

◉ 工場では合成界面活性剤、防腐剤、合成香料、合成着色料、アルコール、石油由来成分、動物由来原料は、一切使用しておりません。

◉ 一部原料(可溶化目的)として、BG=サトウキビ発酵液由来「ハイシュガーケイン」を使用します。

◉ 植物エキス抽出溶媒はバイオ発酵エタノール(サトウキビ由来)を使用。配合時にアルコールを煮沸し使用します。

◉ 柑橘系エキス及びアロマオイルは全てフロクマリン等の光毒性を除去したものを使用しております。

◉ ナノ化された原料は使用しません。

 

商品一覧はこちらから